トップ  > 交通事故に関する記事  > 障害認定基準(視力の測定方法)

障害認定基準(視力の測定方法)

障害認定における視力とは、労災保険法施行規則別表第1(「障害等級表」)備考第1号「障害等級表にいう視力とは、矯正視力をいう」により、矯正した視力を測定することとなっており、従来、眼鏡による矯正視力に限っていましたが、改正により、コンタクトレンズによる矯正視力も採用することとされました。

<改正認定基準のポイント>

①眼鏡による矯正視力
 (角膜の不正乱視が認められず、かつ、眼鏡による完全矯正を行っても不等像視が生じ無い場合)

②コンタクトレンズによる矯正視力
 (角膜の不正乱視が認められる場合又は眼鏡による完全矯正を行うと不等像視が生じる場合であって
  コンタクトレンズの装用が医学的に可能な場合)

③眼鏡による完全矯正を行えば、不等像視を生ずる場合であって、コンタクトレンズの装用が不能な場
 合には、眼鏡矯正の程度を調整して不等像視の出現を回避し得る視力による。

④コンタクトレンズの装用の可否及び視力の測定は、コンタクトレンズを医師の管理下で3カ月試行的
 に装用し、その後に行う。なお、コンタクトレンズの装用が可能と認められるのは、1日に8時間以
 上の連続装用が可能な場合とする。

 

 

柴田祥弘(シバタヨシヒロ)

〒 818-0081

福岡県筑紫野市針摺東4丁目7番31号

TEL:092-922-8511

FAX:092-921-6212