トップ  > 交通事故に関する記事  > 労災保険の遺族給付

労災保険の遺族給付

通勤途上における交通事故により労働者が死亡したときは、その遺族に対して、遺族給付が支給されます。また、葬祭を行う方に葬祭給付が支給されます。

遺族給付には、遺族年金と遺族一時金があります。
遺族年金は受給資格者のうち再先順位者に対して支給されます。

遺族年金の受給資格者となるのは、労働者の死亡当時その者の収入によって生計を維持していた配偶者・子・父母・祖父母・兄弟姉妹ですが、妻以外の遺族については、労働者の死亡の当時に一定の高齢又は少年であるか、あるいは一定の障害の状態にあることが必要です。

なお、「労働者の死亡の当時、労働者の収入によって生計を維持していた」とは、もっぱら又は主として労働者の収入によって生計を維持されていることを要せず、労働者の収入によって生計の一部を維持していれば足り、いわゆる共働きの場合もこれに含まれます。

 


 

柴田祥弘(シバタヨシヒロ)

〒 818-0081

福岡県筑紫野市針摺東4丁目7番31号

TEL:092-922-8511

FAX:092-921-6212