トップ  > 農地転用  > 農地法第4条による制限

農地法第4条による制限

農地法4条による土地利用の制限は以下のとおりです。

1 農地を農地以外のものにする者は、一定の手続きに従い都道府県知事の許可を受けなければ
  ならない。
2.ただし、その者が同一の目的に供するため4ha(ヘクタール)を超える農地を農地以外のも
  のにする場合には、農林水産大臣の許可を受けなければならない。

次の点に注意する必要があります。
①農村地域工業等導入促進法、その他の地域の開発又は整備に関する法律で政令で定めるもの
 (地域整備法)の定める要件に該当する場合は、4haを超えるときでも、都道府県知事の許可
 でよいです。

農地法4条の規制の例外
1.国又は都道府県が農地を農地以外のものに転用する場合
2.土地収用法等によって、収用した農地を農地以外のものに転用する場合
3.市街化区域内の農地を、あらかじめ農業委員会に届け出て農地以外のものにする場合

4.市町村が、その区域内の農地を、道路や河川等の公共施設に転用する場合
5.農家が、2a未満の農地を温室等の農業用施設の転用する場合

 

柴田祥弘(シバタヨシヒロ)

〒 818-0081

福岡県筑紫野市針摺東4丁目7番31号

TEL:092-922-8511

FAX:092-921-6212