トップ  > 農地転用

農地転用

  • <<前へ
  • [ 19件中 1件~15件を表示 ]
  • 次へ>>

農地転用手続きの簡素化

政府は、地域を限定して規制緩和する国家戦略特区という制度を行っています。現在、福岡市が特区に指定されていて様々な政策を行っています。今回(2015年12月15日)、諮問会議で新たに北九州市、千葉市、広島県・愛媛県今治市の3地域が指定されました。 北九州市は「シニア・ハローワーク」の創設、介護現場へのロボット導...

詳細を見る>>

農地関連の2016年度税制改正案

2016年度の税制改正案が発表されました。 農地関連では大きく3つの改正ポイントがあります。 ①保有農地を「農地中間管理機構(農地バンク)」に貸し付けた場合、固定資産税を3~5年間半減 する。 10アール未満の自作地を除く全農地をまとめて15年以上貸し付ける場合に5年間、10年以上貸し 付ける場合は3年間半減...

詳細を見る>>

農業人口209万人

農林水産省が発表した2015年の「農林業センサス」(速報値)によりますと、全国の農業就業人口は209万人で、2010年の前回調査に比べて51万6000人減少しています。 高齢で農業を止める人が多いのが原因と考えられています。 農業就業者の平均年齢は66.3歳です。 TPPにより安い農産物が流入すれば、ますます...

詳細を見る>>

TPP関連政策大綱(企業の農地保有の緩和策を見送り)

政府は、11月25日に決定した総合的な環太平洋連携協定(TPP)関連政策大綱に、企業が農地を保有できる緩和策を盛り込むことを見送った。自民党の農林関係議員らからTPP対策になじまないなどと反対が相次ぎ、規制改革や国家戦略特区といった枠組みで検討を続けていくこととした。 政府が検討していたのは、農地を保有できる...

詳細を見る>>

農地面積のすう勢

農地は毎年減少しています。その一番の要因は政府の減反政策にあります。 減反を始めてから現在まで水田は344万ha(ヘクタール)から100万ha減少しています。 農地面積でいうと、平成10年に490万haだったのが、平成26年には452万haとなっています。 政府は今後の見通し(すう勢)を公表しています。 それ...

詳細を見る>>

政府のTPP対策

2015年11月13日、政府はTPP(環太平洋連携協定)対策の大枠を固めた。 関税で保護してきた農業を市場開放を機に構造転換、経営規模を拡大し輸出も狙う成長産業に育成する。 競争力強化策として、農地を集約して若手農家や企業などの貸し出す農地中間管理機構(農地バンク) の活用を拡大する。農地の出し手に支払う協力...

詳細を見る>>

農地転用に必要な書類

農地転用の手続きと必要な書類 Ⅰ.申請者 ⇒ 各市町村の農業委員会   申請書及び添付書類を提出   ・許可申請書   ・申請土地の登記事項全部証明書(登記簿謄本)   ・譲受人等の住民票抄本   ・位置図   ・附近見取り図   ・字図   ・平面図  ...

詳細を見る>>

九州最大級の農事組合法人が設立

熊本県嘉島町の6つの営農組織が統合し、町全域の農地の約6割をカバーする農事組合法人「かしま広域農場」が2015年11月12日発足しました。総面積は九州最大規模の約480ha。コメや麦、大豆などの栽培作物ごとに農地を再編し、経営効率化による農産品の競争力強化を目指しています。同法人の組合員は町内の農家393人。...

詳細を見る>>

耕作放棄地の固定資産税を1.8倍に

政府は耕作放棄地に固定資産税を現行の1.8倍に引き上げる方向で検討しているようです。 (西日本新聞2015年11月12日朝刊) 農地全般に適用している軽減措置の対象から耕作放棄地を外す方法によるとしています。政府は平成21年の農地法改正により農地を集積して大型農業事業化を推進しています。 その方策は ①一般法...

詳細を見る>>

遊休農地の解消に向けた取り組み

遊休農地と耕作放棄地、荒廃地とはどのような違いがあるのでしょうか? そして、その活用されていない農地を国はどのように活用しようとしているのでしょうか? ○遊休農地とは、農地法において、 ア 現に耕作の目的に供されておらず、かつ、引き続き耕作の目的に供されないと見込まれる農地 イ その農業上の利用の程度がその周...

詳細を見る>>

農地台帳について

農地法により農業委員会が作成する農地台帳が公表されることとなりました。

詳細を見る>>

農業委員会について

市町村に設置される農業委員会の性格等を紹介します。

詳細を見る>>

農地法第5条による制限

農地法第5条による農地転用の要件を説明しました。

詳細を見る>>

農地法第4条による制限

農地法4条による農地転用に関する規制を紹介します。

詳細を見る>>

農地法第3条による制限

農地法第3条による規制について説明します。

詳細を見る>>

  • <<前へ
  • [ 19件中 1件~15件を表示 ]
  • 次へ>>

柴田祥弘(シバタヨシヒロ)

〒 818-0081

福岡県筑紫野市針摺東4丁目7番31号

TEL:092-922-8511

FAX:092-921-6212