トップ  > 交通事故に関する記事  > 左折・右折の合図と進路変更の合図は両方必要か?

左折・右折の合図と進路変更の合図は両方必要か?

左折や右折をする場合には、あらかじめ道路の左側端あるいは道路の中央に寄らなければなりません。
その際の合図は手、方向指示器又は灯火により行い、これらの行為が終わるまで継続しなければならないとされています。

合図の時期については、令21条で当該交差点の側端から30m手前の地点に達したときと規定されています。

では、右折あるいは左折するために行う道路の左側端あるいは道路の中央に寄るという準備行為である進路変更のための合図は別に行われなければならないのでしょうか?

これについては、道路交通法第53条1項が「同一方向に進行しながら進路を変えるときは」合図をしなければならないと規定していますので、右折や左折の準備行為として行う進路変更についての合図は右折や左折のために行う合図とは別に行わなければならないということになります。

具体的には、左折又は右折をするときで、その進路変更を必要とするときは、進路変更しようとする前3秒から「進路を変える」合図をし、交差点から30m手前の地点に到達した時点で引き続き左折や右折の合図をしなければならないとされています。

もちろん、あらかじめ道路の左側端を進行している場合の左折や道路の中央を進行している場合の右折のときは進路変更の合図は必要なく、左折あるいは右折の合図のみでいいということになります。

 

柴田祥弘(シバタヨシヒロ)

〒 818-0081

福岡県筑紫野市針摺東4丁目7番31号

TEL:092-922-8511

FAX:092-921-6212