トップ  > 交通事故に関する記事  > 交通事故の解決方法

交通事故の解決方法

交通事故の解決方法は金銭による損害の賠償です。
これは交通事故に限らず損害賠償は金銭によると民法に規定されています。
交通事故の被害者が損害賠償を請求する方法は3つあります。
(1)加害者本人に請求する。(運行供用者を含む)
(2)加害者(運行供用者)が加入していた自賠責保険に請求する。
(3)加害者(運行供用者)が加入していた任意保険会社との交渉に応じる。
多くのの事故では、加害者が任意保険に加入していることも多く、保険会社から電話があり「十分治療してください」と言われるので何の疑問も感じず(3)になります。
(3)について意味を理解していますか?

(3)は任意保険会社が行う示談代行による一括払いという方法です。
一括払いでは「自賠責保険と任意保険とを一括で払う」という意味です。その支払いをするため、損害額の計算
・後遺障害認定申請等を全て任意保険会社が行います。
被害者の方は、何もしなくていいので楽ですね。
でも、任意保険会社と被害者は利害が相反していますよね。
任意保険会社は少しでも支払いが少なくなるようにしたいのです。
被害者は賠償額は少しでも多くなってほしいですよね。
本来、被害者の損害を立証しなければならないのは被害者自身なのです。
でも示談代行による一括払いでは被害者は何ら損害の証明を行いません。
ということで、(3)の方法も時には解決の障害となることがあります。

そんな場合は(2)の方法をとり、その後任意保険会社と示談交渉します。
この方法は、昭和49年に示談交渉付自動車保険が発売されるまでに行われていた方法なのです。
示談交渉付き自動車保険は被害者の負担を軽くする側面もありますが、被害者は自分の傷病名や損害範囲を理解できないというデメリットもあるのです。
これは薬に副作用があるのと似ていると思います。

納得いく解決のために昔の解決方法に戻るのもひとつの手だと思います。

 

 

柴田祥弘(シバタヨシヒロ)

〒 818-0081

福岡県筑紫野市針摺東4丁目7番31号

TEL:092-922-8511

FAX:092-921-6212