トップ  > 交通事故に関する記事  > 交通事故を起こした時の措置

交通事故を起こした時の措置

交通事故が発生した場合の措置は「道路交通法第72条」に規定されています。
第72条1項
「交通事故があったときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。(ここまでを「1項前段」といいます。筆者加筆)
この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。)は警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察官(派出所又は駐在所を含む。)の警察官に当該事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損傷した物及びその損傷の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。(ここまでを「1項後段といいます。筆者加筆)

1項前段を「救護措置義務」といいます。
1項後段を「事故報告義務」といいます。
では、「救護措置義務」は人身事故の場合だけなのでしょうか?

てくる「たぬき」や「きつね」は含まれないということでしょう。また、「「物の損壊」は必ずしも物の実質的1項前段の冒頭の「交通事故があったときは、」措置を講じなければならないとされています、この「交通事故」の定義は何でしょうか?
同法67条2項に規定されています。
交通事故=「車両等の交通による人の死傷若し
くは物の損壊」を言うとされています。
つまり、物損のみの場合でも措置義務はあるということです。
では、「物損」とはどこまでの事故をいうのでしょうか?
「例えば、相手方の車両等、家屋、電柱、交通施設等はもちろん、通行人の所持品、衣類等も含む。また、飼犬、牛馬等もここにいう「物」に含まれる。」
(15-2訂版 執務資料 道路交通法解説(東京法令出版)p795より抜粋)
「飼犬」といっていますので、「野良犬」や山道で出
てくる「たぬき」や「きつね」は含まれないということでしょう。また、「「「物の損壊」は必ずしも物の実質的破壊のあることを必要とせず、その本来の目的に使用することができない状態に至らしめていれば足りるものと解すべきであり、自動車が道路上に横転したことのみであっても「物の損壊」があったものと認めるべきである。」「なお、「物の損壊」は、自過失によるものであっても当然に含まれると解される。」「またその程度が軽微であったもよい。」とされています。(15-2訂版 執務資料 道路交通法解説(東京法令出版)p796より抜粋)
例えば、いわゆる自損事故で
「ガードレールに接触した。」
「側溝に車輪が落ちてはまった」
「道路中央分離帯の縮物を倒した」
「道路横のたんぼに落ちた」
などの事故も交通事故となりますので、人がケガしていなくても「措置義務」と「報告
義務」が生じます。
「しかし、歩行者同士の衝突による負傷や道路で遊戯中の幼児が溝に落ちて死亡
しても、それは車両等 の交通によるものではないから交通事故とはならない。」(15-2訂版 執務資料 道路交通法解説(東京法令出版)p793より抜粋)
「道路交通法72条1項」を要約しますと、
「運転者その他の乗務員(運転者等という)は、
 ①直ちに車両等の運転を停止し(運転停止義務)
 ②道路における危険を防止する等(道路における危険防止措置義務)
 ③負傷者を救護し(負傷者救護義務)
 ④直ちに最寄の警察官に報告しなければならない。
と規定しています。
「運転者その他の乗務員(運転者等という)は、」といっていますので、上記のような
「措置義務」「報告義務」は加害者・被害者と区別して規定されていないので、「被害車両の運転者又は乗務員」についても、これらの義務が課せられています。
 


柴田祥弘(シバタヨシヒロ)

〒 818-0081

福岡県筑紫野市針摺東4丁目7番31号

TEL:092-922-8511

FAX:092-921-6212